どこよりも熱くお届けするスポーツコンテンツ

NEW POST

スポスルマガジンの最新記事

「子供とスポーツ」を考える

【マタニティヨガ】いつから始める?メリットや頻度についても解説!

「マタニティヨガを始めてみたい」と思う妊婦さんはたくさんいると思いますが、いつから始めるのがベストなのか分からないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

また、「マタニティヨガって、どんなメリットがあるの?」「どのくらいの頻度でやったらいいの?」と疑問を持つ方だっていますよね。

そこで、今回の記事ではマタニティヨガに興味のある方に向けて、いつから始めるのが良いのか、そしてメリットや頻度についても一緒に解説していきましょう。

「いつから始めたらいいんだろう」と悩んでいる方は必見の情報ですので、ぜひ最後までお読みください。マタニティヨガを始める際の参考にしていただければ幸いです!

マタニティヨガはいつから始める?

マタニティヨガは、安定期に入った16週目から始めるようにしましょう。

「妊娠したら、すぐにマタニティヨガを始めたい!」と思う方もいるかもしれませんが、妊娠初期で始めるのは危険です。

なぜなら、妊娠初期はお母さんの体が1番不安定な時期だから。

個人差はもちろんありますが、つわりや吐き気、だるさなど、体の不調が出やすい時期ですので、安定期までは無理をせずに過ごすことが何よりも大事です。

また、赤ちゃんの体をつくる時期でもあるので、お母さんのためだけでなく赤ちゃんのためにも安静にしておきましょうね。

【関連記事はこちら】⇩
【ベビースイミング】0歳から始めるメリットを徹底調査!
【習い事】始める時期を年齢別でご紹介!タイミングも重要!

マタニティヨガのメリットは?

いつから始めるのがベストか分かったところで、マタニティヨガのメリットについても解説していきましょう!

①出産に必要な筋力をつけられる

「出産をするのは命がけ」なんて言葉をよく耳にしますが、まさにその通り。

長時間の出産に耐えられる体力も必要はもちろん必要ですが、筋力も必要なのです。

特に、骨盤を支える役目を担っている「骨盤底筋」を鍛えることが大切だと考えられています。

「骨盤底筋」を鍛えることによって、いきむ時にきちんと踏ん張ることができるようになるため、マタニティヨガは出産に向けた身体づくりができる運動法だと言えるでしょう。

②呼吸法を身につけられる

安産教室に通ったり、出産前に病院でレッスンを受けたりすると思いますが、出産時には呼吸法も重要です。

マタニティヨガは深く呼吸することを練習するため、呼吸法も自然と身につくでしょう。

呼吸が浅いと赤ちゃんに酸素を送ることができず、お母さんも赤ちゃんも苦しい思いをすることになります。

マタニティヨガによって常に身体をリラックスさせるための呼吸法を習得していれば、出産の緊張もほぐすことが可能です。

③メンタルを安定させる

妊娠中は「なぜか分からないけど、情緒不安定になる」「出産するのがこわい」「子育てできるか心配」といった不安な気持ちになることが多々ありますよね。

そんな不安定なメンタルを安定させるためにも、マタニティヨガが役に立ちます。

ゆっくり身体を動かしてとるポーズや深い呼吸、瞑想など、リラックス効果が期待できるものばかりです。

④体重管理ができる

「検診の時に体重が増えすぎって先生に注意された」「これ以上は体重を増やさないって指導された」なんて方も中に入るでしょう。

妊娠中は太りやすいため、普段よりも体重管理がしにくいですよね。

激しい運動はできない妊婦さんには、マタニティヨガで無理のない範囲で身体を動かすのがちょうどいいでしょう。

妊娠中の体重管理ができる点も、マタニティヨガのメリットだと言えますね。

⑤マイナートラブルの対策になる

妊娠によってホルモンバランスが変化すると、むくみや腰痛、肩こりなどのマイナートラブルが起きる場合があります。

現に、「今、マイナートラブルに悩んでいる!」なんて方も多いのではないでしょうか?

マタニティヨガではそんな症状を解消できるポーズがたくさんあるので、あなたの身体の不調を整えていきましょう!

⑥産後のケアに繋がる

出産は、お母さんの身体にとてつもなく大きな負担がかかります。

産後の回復を早めるためにも、骨盤底筋を鍛えることは非常に重要です。

下半身を鍛えることができるマタニティヨガでは、骨盤底筋にかかるダメージを軽減することができます。

また、骨盤が広がることで起きるトラブルの予防になり、産後のケアにも繋がると言われていますよ。

まさに、一石二鳥ですね!

マタニティヨガの頻度は?

いつから始めるのか、メリットは何かを知ることができたら、マタニティヨガの適切な頻度についても知りたいですよね。

あなたが無理なく続けられる頻度が適切だとされていますが、週2回程度を目安にマタニティヨガに取り組みましょう。

慣れてきたら頻度を増やすなど、あなたに合った頻度で行うのが大切です。

まとめ

マタニティヨガはいつから始めるのがベストなのか、メリットや頻度と合わせて解説しましたが、いかがでしたか?

今回の記事を通して、マタニティヨガは妊婦さんにはぴったりの運動法だということが分かったかと思います。

そんな良い効果がたくさんあるマタニティヨガを、「始めてみたい!」と思った方もたくさんいるのではないでしょうか?

マタニティヨガは妊娠中に簡単にできる運動なので、とりあえず試しにやってみるのもいいかもしれませんね。

【関連記事はこちら】⇩
【ベビースイミング】0歳から始めるメリットを徹底調査!
【習い事】始める時期を年齢別でご紹介!タイミングも重要!



  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
ごとうあきら

ごとうあきら

スポーツ好き主婦ライター

「野球」「サッカー」「テニス」「バレーボール」など、スポーツ全般が好きです。子どもにも運動好きになってほしいと思い、習い事はスポーツ系を選びました。主婦目線でスポーツの魅力を伝えていきたいと思っています!

  1. 【ムエタイ】キックボクシングとの違いは?各々の特徴を解説!

  2. 【プロ野球】雨天中止のルールについて!一体誰が決めるの?

  3. 【高校野球】雨天コールドのルール一覧|これまでの経緯も詳しく解説

PAGE TOP

クチコミサイト「スポスル」でスポーツチーム、スクール、教室、習い事を探そう!

クチコミサイト「スポスル」へ