どこよりも熱くお届けするスポーツコンテンツ

NEW POST

スポスルマガジンの最新記事

社会人・シニアこそスポーツだ

【社会人】おすすめスポーツ8選|探し方・集め方もご紹介!

社会人は運動不足になりがち。やはり運動はずっと続けたいものです。
とはいえ学生時代に思いっきり打ち込んだスポーツは怪我をしそうで怖いという人も多いはず。
では社会人になってから始められるスポーツはあるものでしょうか。
今回は、社会人におすすめのスポーツをご紹介。
自分に合ったスポーツの探し方や仲間の集め方も解説します。

【社会人】おすすめスポーツ

運動不足の社会人が気をつけなければいけないのは、なんといっても怪我
そこで体への負担が比較的少ないスポーツから順にご紹介します。

ウォーキング・ランニング

一人ですぐに始められる代表的なスポーツといえばランニング。
しかしいきなり無理をして走るとあまりに辛くて即断念ということにもなりがちですから、体力に自信がない方はウォーキングから始めるのがおすすめです。
そして体力がついてきたらウォーキングとランニングを交互に行い、徐々に走る距離を伸ばしていけば、体力がつくはずです。

スイミング

スイミングも実は運動不足の社会人におすすめのスポーツ。
ハードだと思われがちですが自分の体力やレベルに合わせて楽しむことができます
水の負荷で効果的な有酸素運動ができるのに、関節への衝撃がなく、怪我をしにくいのも魅力
こちらもまずは水中を歩くことから始めて、体力と筋力がアップしてから、ゆっくりと長距離を泳ぐのがおすすめです。

サイクリング

社会人としての特権を発揮できる趣味がサイクリング。
なぜ社会人におすすめかというと、それなりに費用がかかるからです。
極めていけばパーツ代が数十万円ということにもなりがち。とはいえ最初は1台数万円のスポーツサイクルでも十分で、いわゆるママチャリにしか乗ったことがない人はそのスピードと軽さに驚くはずです。

ピラティス

ピラティスは実は怪我をした人のリハビリ目的で開発されたエクササイズ。ヨガよりも難易度は低く、運動不足気味の人にこそおすすめできます。
比較的シンプルなマットピラティスや補助器具を使うマシンピラティスなど様々な種類があるのも特徴。自己流で行うのではなく、スタジオなどで指導を受けながら行うのがおすすめです。

ゴルフ

大人のたしなみとも言えるスポーツがゴルフ。
仕事の都合で覚える必要がある人も多いはずです。
お金がかかるという印象もあるゴルフですが、打ちっぱなしやパターの練習だけでも楽しいもの。
最初から高額な道具を揃えられない場合も、各種レンタルサービスがある練習場やコースもあり、意外にハードルは低くなっています。

テニス

スポーツの中でもハードな部類に入るテニスですが、競技ではなく趣味として楽しむならシニアでも続けることができます
自治体の運営で安く借りられるコートが多いのも魅力。全身運動で健康促進にも役立ちます。
硬式テニスの方がメジャーですが、日本独自の軟式テニスはより衝撃が少ないため、やりやすいと感じる人が多いかもしれません。

スカッシュ

体力はあるけど時間がないという社会人におすすめなのが、スカッシュ。
4面を壁で囲まれたコートで打ち合うスカッシュは1時間で700kcal前後も消費でき、世界一健康的なスポーツとも言われています
インドアで行うため雨で中止ということもなく、小ぶりなコートは実は都会のビルの中にあることも。
そのため時間がないときにサッと立ち寄って思いっきり運動できるのが魅力です。

フットサル

チームスポーツでおすすめなのが、フットサル。
ルールも簡単で、サッカーより気軽に楽しむことができます。
また競技では20分ハーフですが、友人同士なら5分から10分の短いゲームを何回か繰り返すのもあり。実は体力に自信がなくても始めやすいのが特徴です。
そして身近なところにインドアのコートが多いのも魅力。コートのレンタル料も人数で割り勘にすれば1人あたり1000円前後になることが多いため、実は経済的です。

【社会人】探し方や集め方

ここまでおすすめのスポーツをご紹介しましたが、最も大切なのはそのスポーツが自分に合っているかどうか。
では自分と相性の良いスポーツはどのように探せば良いのでしょうか。
そしてチームスポーツの場合、仲間はどうやって集めれば良いのでしょうか。

スポーツジム・スクール

スイミングやピラティスなど、基礎を教えてもらう必要があるスポーツの場合、スポーツジムやスクールに入会するのがおすすめです。
例えばスポーツジムのスタジオでは、ピラティスやヨガ、ボクササイズなどさまざまなスタジオレッスンを受けることが可能。またスクールならより専門的なレッスンを受けることができます。
ただしいきなり入会するのは注意が必要。
見学会や体験入会を利用して、自分に合っているか、通い続けられそうかを確かめてから入会するようにしてください。

スポーツサークル・チーム

学生の場合は運動部やサークルに入るのが一般的ですが、実は社会人のスポーツサークルやチームも全国にたくさん存在します。
特に人数を集めることが難しいチームスポーツの場合はおすすめ。サークルやチームに入ればメンバー集めで悩む必要がなくなります。
サークルやチームなら参加費用も一般的にかなり安め。同じ趣味を持った社会人同士、新たな交流の輪も広がります。
こちらも通い続けられるか、自分にとってレベルは適切か、雰囲気は自分に合っているかなど、事前に確認しておく方が無難。まずは体験入会をしてみるのが良いかもしれません。

スポスルでチーム・スクールを探そう!

まとめ

社会人が新しくスポーツを始めるのは、なにかと億劫。
でも始めてみるとその魅力にハマってしまう人が少なくありません。
スタートを切るための第一歩は情報集め。
スポーツチームやスクールのクチコミサイト、スポスルには豊富な情報が集まっていますから、ぜひ利用してあなたにピッタリなスポーツを見つけてください。



  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
でかむ

でかむ

スポーツで人生楽しむ自然派ライター

筋トレとアウトドアをこよなく愛するライター。某FM局の作家時代、筋トレマスターに師事し、トレーニングブログを3年間で100本以上執筆しました。

  1. ブルガリアンスクワットとは?正しいやり方やスクワットとの違いも解説!

  2. 【パリオリンピック】アーティスティックスイミングの変更点を解説

  3. 【パリオリンピック】マスコットは何?正体と歴代キャラもご紹介

PAGE TOP