どこよりも熱くお届けするスポーツコンテンツ

NEW POST

スポスルマガジンの最新記事

スポーツ豆知識

【凧揚げ】由来や起源とは?意味を知って日本文化を味わおう!

日本の伝統文化の一つである凧揚げ。子どもの頃、公園や海岸で凧を揚げるのを楽しんだ経験がある人も多いのではないでしょうか?しかし、この凧揚げには実は深い歴史と意味が秘められています。今回の記事では、その起源と由来について掘り下げていきましょう。

凧揚げの起源

世界の凧揚げの起源

凧揚げは古代中国で始まったと言われています。当時は軍事的な目的で使われたとされています。特に、敵の陣地を偵察するためや、戦略的なメッセージを伝えるために凧が使われました。その後、凧揚げはアジア全体に広まり、さまざまな文化や伝統の中で使われるようになりました。

日本の凧揚げの起源

日本での凧揚げの起源ははっきりとは定かではありませんが、中国から渡来したと考えられています。平安時代にはすでに存在していたとされ、貴族の間で楽しまれる風流とされていました。その後、時代が下るにつれて庶民の間にも広まり、特に江戸時代には大きなブームとなりました。

【関連記事はこちら】⇩
【お手玉】歴史(起源~由来)を解説!昔ながらの遊びを楽しもう!
【お手玉】遊び方を解説!種類や中身についてもご紹介!

凧揚げの意味と種類

凧揚げの意味

日本の凧揚げには多くの意味が込められています。もともとは年始に邪気を払うために行われる風呂敷凧が始まりとされ、祈りや願いを天へ届けるという意味がありました。また、子供の健康を祈るためにも行われ、一部地域では男子の出生を祝うために巨大な凧を揚げる習慣があります。

日本の凧揚げの種類

日本の凧揚げは地域により様々な形やデザイン、意味合いを持っています。一部地域では正月の行事として凧揚げが行われ、その他の地域では祭りの一部として凧揚げが行われます。また、形状も四角、五角、鳥動物の形をしたものなど、多岐にわたります。

凧揚げの楽しみ方

自作の凧を揚げる

凧揚げは、自分で凧を作る楽しみもあります。市販の凧を使うのも良いですが、自分でデザインし作成した凧を空に舞い上がらせるのは格別の楽しみです。自作の凧を揚げる際は、風の強さや方向を考慮しながら最適な場所を見つけて楽しむことが大切です。

凧揚げ大会に参加する

日本全国で様々な凧揚げ大会が開催されています。巨大な凧が空を舞う様子は圧巻で、参加者はもちろん観客も楽しむことができます。また、自分が揚げた凧がどれだけ高く舞うかを競う大会もあり、競争を楽しむこともできます。

凧揚げに必要な道具とその使い方

当然ながら、凧揚げには凧が必要です。市販のものを選ぶ際は、自分が揚げやすいサイズと形状を選ぶことが大切です。また、自作する場合は、耐久性のある素材を選び、自分の好きなデザインで飾ることも可能です。

凧揚げには専用の糸を使用します。この糸は耐久性があり、凧の重さに耐えることができます。糸の長さは凧をどれだけ高く揚げたいかによって選びますが、一般的には50~100m程度が適しています。

糸巻き

糸を巻き取るための糸巻きも必要です。凧揚げの安全性を高めるためにも、糸巻きはスムーズに糸を出し入れできるものを選びましょう。

凧揚げのコツと注意点

風向きと場所の選び方

凧揚げには風が必要です。凧揚げをする前には、風向きと風の強さを確認しましょう。また、周囲に人や建物、電線などがない広い場所を選びます。

凧揚げのコツ

凧を高く揚げるコツは、風に逆らって走り、糸をスムーズに出すことです。この動作によって凧に風を受けさせ、上昇気流をつかむことができます。

安全に楽しむための注意点

凧揚げをする際には、自分だけでなく他人にも迷惑をかけないように注意が必要です。凧や糸が人や車に当たらないようにし、凧揚げが禁止されている場所では絶対に行わないようにしましょう。

日本の凧揚げの種類と地域性

凧揚げの種類

日本には多くの種類の凧が存在します。形状やデザイン、用途により、さまざまな特徴を持っています。例えば、「大凧合戦」は戦いを模した凧揚げで、新潟で祭り開かれ伝統になっているのが特徴です。「飾り凧」は祭りなどの飾りとして使われ、美しい絵や模様が描かれています。

地域性のある凧揚げ

地域によっても凧揚げの形状やスタイルは異なります。特に、凧揚げの伝統が深い地域では、その地域特有の風情を反映した独自の凧が存在します。例えば、さまざまな色彩や意匠が施された浅草の凧、巨大で迫力満点の凧揚げが有名な福井県の凧などがあります。

まとめ

凧揚げは古くから日本の文化として親しまれてきました。その起源や意義を知ることで、凧揚げの深さと魅力がより理解できます。また、自分で凧を作ったり、地域ごとの凧揚げの違いを体験したりすることで、日本の伝統文化をより深く味わうことができます。
しかし、凧揚げはただ楽しむだけでなく、安全に楽しむためのルールも必要です。ルールを守り、互いに思いやりの心を持ちながら、この素晴らしい遊びを楽しむことが大切です。

【関連記事はこちら】⇩
【羽子板】遊び方やルールを解説!飾る意味も併せてご紹介
【ケイドロ】ドロケイのルール一覧|遊び方を覚えて楽しもう!



  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
スポスル編集局

スポスル編集局

スポーツを愛してやまないスポスル編集局

我々はスポーツ大好き、スポスル編集局です。日々、スポーツに関する記事を随時更新中。スポーツに興味のある皆様へ、分かりやすく役に立つ記事をお伝えいたします。

  1. スポスル社内対抗ダイエット|社員ブログ(N・M)【176日目~183日目】

  2. スポスル社内対抗ダイエット|社員ブログ(S・I)【176日目~183日目】

  3. スポスル社内対抗ダイエット|社員ブログ(Y・K)【176日目~183日目】

PAGE TOP