どこよりも熱くお届けするスポーツコンテンツ

NEW POST

スポスルマガジンの最新記事

スポーツ賢人論

本田圭佑の名言を25個紹介!スポーツのみならずビジネスにも活きる名言!

日本代表やACミランのフォワード、ミッドフィルダーとして活躍した本田圭佑選手は、ビッグマウスとしても知られた選手。
しかしその言葉はただの大言壮語ではなく、努力を重ねて成功をつかんだ人だけの深みがあります。
今回は、本田圭佑選手の名言を特集!
スポーツだけでなく、ビジネスにも生きる名言25選を、テーマ別にご紹介します。

本田圭佑選手のプロフィール

本田圭佑選手は、日本代表やACミランで活躍した選手。
そこに至るまでにはどのようなサッカー人生だったのでしょうか。

ユース落選

本田圭佑選手のサッカー人生は最初から順風満帆だったわけではなく、ガンバ大阪ジュニアユースからユースチームへの昇格では落選しています。理由はスピードとスタミナの不足。
彼は自分の才能についてこう語っています。

俺なんて全然、天才タイプじゃないし。
それで才能がないから諦めろなんて言われたら、どんだけの人が一瞬で諦めなきゃあかんねん。

世界的スター選手に

サッカーを諦めなかった彼は石川県星稜高校へ進学。全国高校サッカー選手権大会で石川県勢初となるベスト4に大きく貢献し、名古屋グランパスエイトとプロ契約を結びました。しかもこのとき彼は、「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」という条件を認めさせています。
その後、彼は日本代表に招集され、オランダのVVVフェンロー、ロシアのCSKAモスクワを経て2014年にはACミランでセリエAデビュー。ワールドカップ3大会連続で得点とアシストの両方を記録した史上6人目の選手にもなっています。
ビッグマウスで有名ですが、実際にFIFAが選出するワールドカップの「マン・オブ・ザ・マッチ」を日本人最多の4回も受賞。その彼は自分の言葉についてこう語っています。

結果を出して大言を吐くのは普通。
結果を出す前に、結果を出す自分を想像できるからこそ大言を吐ける。

本田圭佑の名言①つらいときに

逆境から始まった本田選手のサッカー人生。
彼はうまくいかないとき、つらいときの生き方について、多くの名言を残しています。

現実

自分が上手くできないかもしれないという現実は認めたくないもの。
そういった状況について彼はこう語りました。

「現実を認めたくない」自分がいて、「現実を受け入れろ」という自分もいる。
現実を認めなければ、今を生きることができないですから。

今を生きるためには、現実を認めるしかないという本田選手。しかしまたこうも言っています。

現実を受け入れることに慣れすぎてしまうと止まってしまう。
それは怖いことでもある。

現実を認めることと、それをそのまま受け入れることは違うというのです。

逆境

ではつらい逆境をどうとらえるのか。本田選手ならこう考えます。

壁があったら殴って壊す。
道が無ければこの手で作る。

そして私たちにこう問いかけています。

「谷」がないと「山」の喜びって感じられなくないですか?

下に落ちるっていうことが、進化してないということではないんですよ。
昇るために、落ちることが必要なこともある。

実際に多くの挫折も経験している彼は、挫折をこうとらえています。

挫折は過程、最後に成功すれば挫折は過程に変わる。
だから成功するまで諦めないだけ。

逆境のときに前向きになるための秘訣については、こう言います。

結果にこだわるな、成功にこだわるな、成長にこだわれ。

さらに前向きなとらえ方として、ぜひ真似したい有名な言葉がこれです。

伸びしろは常にMAX!
それが今の代表の強み。

自信

逆境の中でこそ自信を持つことが大切。自信について本田選手はこう語っています。

人って誰しもが、上手くいかなかったときとかに、ちょっと疑うと思うんですね。
その時に、いかに自分を信じることができるか。

未来が誰にも分からない中で、どれだけ自分を信じてやれるか。

自信を持つことがいかに大切か。サッカーに関してはこのような表現をしています。

俺がシュートして入らないんだったら、お前が打っても入らない。

失敗したときに立ち上がるためにも、自分を信じることは必要なのですね。

【関連記事はこちら】⇩
陸上で活躍する選手の名言36選|辛いときのモチベーションアップに!
筋トレ中の辛い時に読みたい!やる気がみなぎる筋トレの名言34選

本田圭佑の名言②さらに前へ

本田圭佑選手は、意味もなく自信を持っていたわけではありません。
その裏には人並みならぬ努力と、前に進み続けるという強い意志がありました。
続いては、私たちもぜひ見習いたい姿勢についての名言です。

努力

努力をすることについて、彼はとても多くの言葉を残しています。
まずは誰でも思い当たる部分がある言葉から。

本田圭佑の中に本田圭佑がいるんですよ。
挫けようとする悪い自分と、頑張って打開する良い自分が。
成功する中で一番必要なのは、自分に打ち勝つことだと思うんですよね。

では自分に勝つためにはどうすればいいのか。彼の姿勢はシンプルです。

自分が信じたことを貫け。そして、泣いて泣いて強くなれ。

一方で彼の言葉は、努力を続けるための心の持ちようも教えてくれます。

1年後の成功を想像すると、日々の地味な作業に取り組むことができる。

カメがウサギに勝とうと思ったら、進み続けないといけない。
悩んでいる同級生とかがいたら、それをぶつけますね。
「どうやったら勝てるか考えろ。進み続ける以外にないやろう」って。

そして勝つためにすべきことはこれだと言っています。

絶対にみんなが着手しないところを着手して、周りとの差をつける。

誰もしないレベルのことをして差をつける。ここまですれば自信も持てるはずです。

環境

私たちはある程度成功するとそこで満足しがち。多くのチームを渡り歩いた本田選手は、環境を変えることについてこう言っています。

ライバルに差をつけたいのなら、環境を変えてほしい。
「何か物足りない」と思ったら、自分のことを知らない環境に飛び込んでいってほしい。

しかし安定した環境を出るのは怖いものではないのでしょうか。

安定って言葉は、これまで生きてきてあんまり使ったことがないし、聞いたこともないですね。
僕の辞書にない言葉です。

そして新たな環境に飛び込む怖さについては、このように考えています。

環境というのは与えられるようじゃダメだ。
自分で創り出すもの。

前進

本田圭佑選手の基本的な姿勢は、「常に前進すること」。
これについても多くの名言があります。

誰が前にいようが、誰が後ろにいようが、オレは前に行く。

新しい本田をゼロからつくる。挑戦を続ける。限界をつくらずに常に前進していく。

私たちが前進を続ければ、その先には新しい可能性があるはず。本田選手はそれをこう表現しました。

目の前には鍵のかかっていない扉がいくつもあって、自分次第でどこまでも開いていける。

まとめ

数多くの名言を残している本田圭佑選手。
あなたの心に留めておきたい言葉もあったのではないでしょうか。
最後にもう一つ、シンプルで力強い彼の言葉をご紹介します。

自分の夢、そんなに簡単に諦められるかって話でしょ。

いつまでもこの姿勢で生きたいものです。

【関連記事はこちら】⇩
心を震わせるバレーボールの名言22選!バレーボールがやりたくなる!
サッカー選手の名言をご紹介!心に響く名言の数々で困難を乗り越えよう!



  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
でかむ

でかむ

スポーツで人生楽しむ自然派ライター

筋トレとアウトドアをこよなく愛するライター。某FM局の作家時代、筋トレマスターに師事し、トレーニングブログを3年間で100本以上執筆しました。

  1. 【足の筋肉】名前を詳しくご紹介!40以上の筋肉がある!?

  2. ブルガリアンスクワットとは?正しいやり方やスクワットとの違いも解説!

  3. 【パリオリンピック】アーティスティックスイミングの変更点を解説

PAGE TOP