どこよりも熱くお届けするスポーツコンテンツ

NEW POST

スポスルマガジンの最新記事

スポーツを探求する

ワールドカップバレー|スポンサー一覧【2023】

日本でも大人気のスポーツイベントがワールドカップバレー。
国際バレーボール連盟(FIVB)が主催し、4年に1度開催されるこの大会は、今回「FIVBパリ五輪予選」の一部として開催されます。
「2023年ワールドカップバレーボール」と呼ばれるのは、男女それぞれ世界3カ国で同時開催される予選のうち、日本で開催される組のみ。
ワールドカップバレーは廃止が決まっていましたが、日本でのワールドカップ人気のおかげで、今回の特殊な形での継続が実現したのです。
そのワールドカップバレーを支えているのが、スポンサー企業。
いったいどのような企業が協賛しているのでしょうか。
今回は、ワールドカップバレーのスポンサーと、日本代表チームのスポンサーをご紹介します。

ワールドカップバレーのスポンサー

ワールドカップバレーの主催は、国際バレーボール連盟(FIVB)
共催には組織委員会日本バレーボール協会に加えてフジテレビジョンも名を連ねています。
フジテレビは当初マイナーな存在だったワールドカップバレーを盛り上げ、人気イベントにした立役者。
莫大な放送権料で大会を支える最大のスポンサーでもあります。
ではその他のスポンサーにはどのような企業が並んでいるのでしょうか。

スポンサー一覧

ワールドカップバレーのスポンサーには、「特別協賛」「公式飲料協賛」「協賛」の種類があります。
その企業一覧は以下の通り。

特別協賛
・NISSAN
・エクスコムグローバル
公式飲料協賛
・キリンホールディングス
協賛
・久光製薬
・ジャパネット
・三基商事

それぞれの企業がどのような形でスポンサーになっているのか、具体的に解説します。

NISSAN

日産自動車は2003年の男子大会以来、特別協賛を続けている企業
抽選で自動車が当たる特別キャンペーンなども行ってきました。
今回はバレーボール日本代表応援イベントとして渋谷のMIYASHITA PARKで「『やっちゃえNIPPON』パーク supported by NISSAN」を開催。
大会を盛り上げました。

エクスコムグローバル

エクスコムグローバルはあまり馴染みのない企業かもしれませんが、「イモトのWiFi」を提供している企業
日本代表のユニフォームの胸にも「イモトのWiFi」と書かれています。
ちなみに脚が速いことで知られるイモトアヤコさんですが、小学校時代はバレーボール部のキャプテンだったそうです。

久光製薬

Vリーグの久光スプリングスの親会社でもある久光製薬は、多くのスポーツを支援している企業
スポーツイベントでもワールドカップバレーをはじめ、「東京マラソン」や「クライミング世界選手権」「世界柔道選手権」「スイミングワールドカップ」など数多くの大会に協賛しています。
また各イベントでは、参加者や来場者に筋肉ケアの啓蒙活動も実施。
健康な体づくりを広める運動もしています。

ジャパネット

ジャパネットも2007年と古くから協賛している企業
「今を生きる楽しさ」を!という企業理念がスポーツに通じるということで、ジャパネットではサッカー、バスケット、野球、大相撲など多くのスポーツ協賛を行っています。
中でもバレーボールには力を入れていて、「春の高校バレー」にも2011年から特別協賛として参加しています。

三基商事

三基商事という会社を知らない方も多いはず。
しかしこの会社の商品はとても有名。あの「ミキプルーン」の会社です。
ワールドカップバレーではミキプルーン名義で男子日本代表に協賛しています。

【関連記事はこちら】⇩
【ラグビー】ワールドカップスポンサー一覧|2023フランス大会
アジア大会スポンサー一覧|杭州大会【2023】

ワールドカップバレー|バレーボール日本代表のスポンサー

パリオリンピックへの出場権がかかる今回のワールドカップバレー。
大会のスポンサーとは別に日本代表を応援するJVAオフィシャルサポーターにも多くの企業が名を連ねています。
日本バレーボール協会(JVA)のスポンサーは、「トップパートナー」「オフィシャルスポンサー」「オフィシャルサプライヤー」「オフィシャルゲームボール」「オフィシャルドリームサプラーヤー」という種類
それぞれ以下の企業となっています。

トップパートナー
・カプコン
オフィシャルスポンサー
・久光製薬
・全日本空輪
・中央日本土地建物グループ
・マイナビ
・丸大食品
・ジェイテクト
・ジャパネットホールディングス
オフィシャルサプライヤー
・アシックスジャパン
・ミズノ
・ウインスポーツ
オフィシャルゲームボール
・ミカサ
・モルテン
オフィシャルドリームサプライヤー
・手塚プロダクション

カプコン

「遊文化をクリエイトする感性開発企業」が経営理念のカプコンは、バレーボールに共感し、日本代表チームの国内外での活動とバレーボール競技の振興をサポートするトップパートナー
2022年4月から3年間の契約を結び、JVA最上位のオフィシャルスポンサーとなっています。

中央日本土地建物グループ

中央日本土地建物グループは、バレーボールの「つなぐ力」に共鳴して日本代表と日本バレーボール協会が主催する国内大会をサポートする企業
Vリーグのマーケティングパートナーにもなっています。

ジェイテクト

ジェイテクトは、トヨタグループの機械・自動車部品製造会社。
一般的にはあまり知られていない会社ですが、ジェイテクトSTINGSはVリーグの強豪。
日本代表にも多くの選手を送り込んでいることもあり、協賛として支えています

手塚プロダクション

オフィシャルドリームサプライヤーを務める手塚プロダクションは、漫画家である手塚治虫氏が立ち上げた会社。
2009年に全日本バレーボールチームの愛称が一般募集され、女子代表の愛称が「火の鳥NIPPON」に決まった縁でオフィシャルドリームサプライヤーとなりました
この火の鳥は真っ赤に燃える情熱の象徴であり、「スピーディーなボールで世界の王座を奪還してほしい」という願いが込められたもの。
手塚プロダクションは「火の鳥NIPPON」や、男子の「龍神NIPPON」のロゴなどを手掛けています。

まとめ

多くの企業が支えているワールドカップバレーと日本代表チーム。
協賛している企業の多くは、バレーボールというスポーツが持っている理念に共感して大会と選手を支えています。
今回の記事で気になった方は、会場やユニフォームの企業名にもぜひご注目ください。

【関連記事はこちら】⇩
【FIBA】バスケワールドカップスポンサー一覧【2023】
【世界水泳】スポンサー一覧|日本・他国の情報まとめ



  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
おおぱ!

おおぱ!

寝ても覚めてもスポーツ漬け

スポーツ一家に育ち、休日はテニスとランニング。空き時間はほぼスポーツ観戦。夢の中ではなぜかやたらといろいろなスポーツのプロ選手になっている夢中派執筆家です。皆さまにスポーツ愛を届けます!

  1. 効果的な筋トレで腸腰筋に刺激を与えよう!腰回りの鍛え方

  2. 下半身を効果的に鍛える筋トレ5選!綺麗な脚を手に入れよう!

  3. ネイマール名言22選|常にプレッシャーと戦い続ける彼の言葉が刺さる!

PAGE TOP