どこよりも熱くお届けするスポーツコンテンツ

NEW POST

スポスルマガジンの最新記事

トップ選手への道のり

【モルック】日本代表になるための条件を徹底解説!

人気が急上昇しているスポーツの1つである「モルック」は、TVでも紹介され、さらに知名度が上がりました。

認知度は上がっているものの、まだモルックを知らないといった人も多く、これから始めるといった人も多いのでないでしょうか。

モルックはとても始めやすいスポーツで、道具と場所さえあれば、誰でも簡単に始めることができますが、知名度はあるものの競技人口がまだまだ少なく、今後発展していくスポーツです。

そして、競技人口が少ないため日本代表にも比較的なりやすいスポーツで、今から始めるあなたもこの記事を読んで実践すれば、未来のモルック日本代表になることが出来ます。

今回はモルックの日本代表になる条件について解説していきます。

モルックについて

モルックがなぜこんなにも人気になってきているのでしょうか。

その要因としては、比較的ルールが簡単で、揃える道具も少ないため手間なく始めることが出来る上に、どういうふうにゲームを進めていくかという心理戦も兼ね備えているため、大人も子どもも楽しめるように設計されているところです。

日本代表になるためにはまずルールをしっかりと理解する必要があるため、まずはモルックのルールを簡単に解説していきます。

モルックのルール

モルックに必要な道具は「モルック」という20cmくらいの木製の棒と、「スキットル」という数字が書かれた棒を使います。

あとは「モルッカリ」というモルックを投げるための仕切りを用意することで、スタート出来ます。

ボーリングの要素に似ており、ボーリングの球が「モルック」、ピンが「スキットル」、ファールラインが「モルッカリ」の役割を果たしています。

「スキットル」は合計12本あり、「モルック」を投げて得点を重ねていくスポーツです。

先に50点になったチームが勝ちとなります。しかし、50点を超えた場合には点数が半分に減少してしまいます。

つまり、スゴロクのように先に50点ピッタリに得点する必要があるのです。

得点の加算方法は2種類あります。

①1本だけスキットルが倒れた場合は、スキットルに書かれてある数字が得点として加算

②2本以上のスキットルが倒れた場合は、倒れたスキットルの合計本数が得点として加算

しかし、完全に倒れきっていないスキットルは得点として加算されません。

倒れたスキットルは得点を数えたらその場で立て、投球を交代します。

つまり、相手に取られたくない点数(スキットル)を遠くに追いやるということも戦略として必要になります。

そういった頭脳戦の要素が、モルックの人気を押し上げている要因の1つです。

モルック日本代表になる条件とは

モルックは競技人口が少なく、今から始めたあなたも日本代表になることが出来ます。

「日本代表!?」と驚く人もいるかもしれませんが、条件さえ満たしていれば、あなたも日本代表です。

芸人がモルック日本代表になったとして話題となった「さらば青春の光の森田さん」も、モルックのことを調べて、始めてから短期間で日本代表になりました。

今回はその日本代表になるための条件を解説していきます。

日本国籍であること

どの競技の日本代表も言えることですが、日本国籍を持っていなければ、日本代表になることは出来ません。

まず第一条件として「日本国籍」であることが絶対条件です。

モルックのルールを理解していること

モルックのことを知らない人が日本を代表して世界と戦うことはあり得ません。

つまり、モルックのルールをしっかりと理解している必要がありますが、ルールをただ覚えているだけでなく、そのルールをどう活用し勝負に活かすことができるのかなどの応用も使うことができると、日本代表として世界と渡り合うことが出来ます。

基本的なルールは簡単ですが、状況に適した投げ方があるなど、技術的な面も把握しておくことが大切になります。

世界大会の経費を負担できること

モルックの日本代表になるための1番のネックがここではないでしょうか。

モルックはフィンランドが発祥のスポーツで、世界大会は毎年ヨーロッパで開催されるため、日本代表になるには、それらの旅費滞在費などの経費を自己負担する必要があります。

もちろん時期によりますが、安く見積もっても30万円くらいは必要になります。

余裕を持って50万円くらいを用意しておくといいでしょう。

そして、お金だけでなく、世界大会に参加できる時間も必要になります。

そういった、お金と時間の問題をクリアできる人が日本代表として世界大会に参加出来ます。

さらば青春の光の森田さんは、その世界大会の経費をクラウドファンディングで集めました。

そういった費用の確保の仕方もあり、この3つの条件を満たすことでモルック日本代表として選ばれます。

3つの条件が揃っている人は、日本モルック協会のホームページで世界大会の参加を希望すれば日本代表になることが出来ます。

モルックは4人1チームのため、応募時に4人揃っていなくても、日本モルック会が編成して1チームにしてくれるため安心です。

今は応募すれば誰でも日本代表になれますが、競技人口が増えてくれば選考会なども出てくる可能性もあります。

まとめ

今回はモルックの日本代表になるための条件を解説しました。

思ったよりも簡単だったのではないでしょうか。

これらの条件を満たして、日本代表になってやるぞという情熱さえあれば、あなたも明日から日本代表になることが出来ます。

この記事を読んでくれた人から未来の日本代表が誕生することを期待しています。

【関連記事はこちら】⇩
モルックとは!?競技の魅力や詳細を紹介!老若男女問わず楽しめる!
【注目】モルックの特徴と競技人口についてご紹介!人気急上昇中!

  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
トシ

トシ

医療資格のあるスポーツ大好きズッコケ隊長

初めまして、大阪出身ズッコケ隊長のトシです!鍼灸師やアスレティックトレーナーの資格など保有しており、リハビリや健康・ダイエット指導をしております!スポーツは中学から「バスケットボール」をやっておりました!関西人の個性を活かして、おもしろおかしく楽しい記事をお届けしていきます!

  1. 【ワールドカップ】死の組とは?歴代の組み合わせも調査!

  2. 【サッカー】ワールドカップの歴史|始まり~現在に至るまでを調査!

  3. 【ワールドカップ|W杯】歴代の番狂わせ4選!

PAGE TOP

クチコミサイト「スポスル」でスポーツチーム、スクール、教室、習い事を探そう!

クチコミサイト「スポスル」へ