どこよりも熱くお届けするスポーツコンテンツ

NEW POST

スポスルマガジンの最新記事

スポーツ豆知識

【ワールドシリーズ】歴代優勝チーム一覧|優勝回数もご紹介!

メジャーリーグ(MLB)は1年間の長いシーズンの末にワールドシリーズを迎えます。
そこで優勝すれば、まさにMLBの頂点。全てのメジャーリーガーは優勝の証であるチャンピオンリングを目指してプレーします。
今回は、ワールドシリーズの歴代優勝チームを調査。
優勝回数ランキングもご紹介します。

【ワールドシリーズ】歴代優勝チーム一覧

まずは歴代優勝チームを一覧でご紹介。
白がナショナル・リーグ。グレーがアメリカン・リーグです。

年度優勝チーム対戦成績
1903ボストン・アメリカンズ5勝3敗
1904対戦拒否のため中止
1905ニューヨーク・ジャイアンツ4勝1敗
1906シカゴ・ホワイトソックス4勝2敗
1907シカゴ・カブス4勝1分0敗
1908シカゴ・カブス4勝1敗
1909ピッツバーグ・パイレーツ4勝3敗
1910フィラデルフィア・アスレティックス4勝1敗
1911フィラデルフィア・アスレティックス4勝2敗
1912ボストン・レッドソックス4勝1分3敗
1913フィラデルフィア・アスレティックス4勝1敗
1914ボストン・ブレーヴス4勝0敗
1915ボストン・レッドソックス4勝1敗
1916ボストン・レッドソックス4勝1敗
1917シカゴ・ホワイトソックス4勝2敗
1918ボストン・レッドソックス4勝2敗
1919シンシナティ・レッズ5勝3敗
1920クリーヴランド・インディアンズ5勝2敗
1921ニューヨーク・ジャイアンツ5勝3敗
1922ニューヨーク・ジャイアンツ4勝1分0敗
1923ニューヨーク・ヤンキース4勝2敗
1924ワシントン・セネタース4勝2敗
1925ピッツバーグ・パイレーツ4勝3敗
1926セントルイス・カーディナルス4勝3敗
1927ニューヨーク・ヤンキース4勝0敗
1928ニューヨーク・ヤンキース4勝0敗
1929フィラデルフィア・アスレティックス4勝2敗
1930フィラデルフィア・アスレティックス4勝2敗
1931セントルイス・カーディナルス4勝3敗
1932ニューヨーク・ヤンキース4勝0敗
1933ニューヨーク・ジャイアンツ4勝1敗
1934セントルイス・カーディナルス4勝3敗
1935デトロイト・タイガース4勝2敗
1936ニューヨーク・ヤンキース4勝2敗
1937ニューヨーク・ヤンキース4勝1敗
1938ニューヨーク・ヤンキース4勝0敗
1939ニューヨーク・ヤンキース4勝0敗
1940シンシナティ・レッズ4勝3敗
1941ニューヨーク・ヤンキース4勝1敗
1942セントルイス・カーディナルス4勝1敗
1943ニューヨーク・ヤンキース4勝1敗
1944セントルイス・カーディナルス4勝2敗
1945デトロイト・タイガース4勝3敗
1946セントルイス・カーディナルス4勝3敗
1947ニューヨーク・ヤンキース4勝3敗
1948クリーヴランド・インディアンズ4勝2敗
1949ニューヨーク・ヤンキース4勝1敗
1950ニューヨーク・ヤンキース4勝0敗
1951ニューヨーク・ヤンキース4勝2敗
1952ニューヨーク・ヤンキース4勝3敗
1953ニューヨーク・ヤンキース4勝2敗
1954ニューヨーク・ジャイアンツ4勝0敗
1955ブルックリン・ドジャース4勝3敗
1956ニューヨーク・ヤンキース4勝3敗
1957ミルウォーキー・ブレーヴス4勝3敗
1958ニューヨーク・ヤンキース4勝3敗
1959ロサンジェルス・ドジャース4勝2敗
1960ピッツバーグ・パイレーツ4勝3敗
1961ニューヨーク・ヤンキース4勝1敗
1962ニューヨーク・ヤンキース4勝3敗
1963ロサンジェルス・ドジャース4勝0敗
1964セントルイス・カーディナルス4勝3敗
1965ロサンジェルス・ドジャース4勝0敗
1966ボルティモア・オリオールズ4勝0敗
1967セントルイス・カーディナルス4勝3敗
1968デトロイト・タイガース4勝3敗
1969ニューヨーク・メッツ4勝1敗
1970ボルティモア・オリオールズ4勝1敗
1971ピッツバーグ・パイレーツ4勝3敗
1972オークランド・アスレティックス4勝3敗
1973オークランド・アスレティックス4勝3敗
1974オークランド・アスレティックス4勝1敗
1975シンシナティ・レッズ4勝3敗
1976シンシナティ・レッズ4勝0敗
1977ニューヨーク・ヤンキース4勝2敗
1978ニューヨーク・ヤンキース4勝2敗
1979ピッツバーグ・パイレーツ4勝3敗
1980フィラデルフィア・フィリーズ4勝3敗
1981ロサンジェルス・ドジャース4勝2敗
1982セントルイス・カーディナルス4勝3敗
1983ボルティモア・オリオールズ4勝1敗
1984デトロイト・タイガース4勝1敗
1985カンザスシティ・ロイヤルズ4勝3敗
1986ニューヨーク・メッツ4勝3敗
1987ミネソタ・ツインズ4勝3敗
1988ロサンジェルス・ドジャース4勝1敗
1989オークランド・アスレティックス4勝0敗
1990シンシナティ・レッズ4勝0敗
1991ミネソタ・ツインズ4勝3敗
1992トロント・ブルージェイズ4勝2敗
1993トロント・ブルージェイズ4勝2敗
1994選手会ストライキのため中止
1995アトランタ・ブレーヴス4勝2敗
1996ニューヨーク・ヤンキース4勝2敗
1997フロリダ・マーリンズ4勝3敗
1998ニューヨーク・ヤンキース4勝0敗
1999ニューヨーク・ヤンキース4勝0敗
2000ニューヨーク・ヤンキース4勝2敗
2001ダイヤモンド・バックス4勝3敗
2002アナハイム・エンゼルス4勝3敗
2003フロリダ・マーリンズ4勝2敗
2004ボストン・レッドソックス4勝0敗
2005シカゴ・ホワイトソックス4勝0敗
2006セントルイス・カーディナルズ4勝1敗
2007ボストン・レッドソックス4勝0敗
2008フィラデルフィア・フィリーズ4勝1敗
2009ニューヨーク・ヤンキース4勝2敗
2010サンフランシスコ・ジャイアンツ4勝1敗
2011セントルイス・カーディナルズ4勝3敗
2012サンフランシスコ・ジャイアンツ4勝0敗
2013ボストン・レッドソックス4勝2敗
2014サンフランシスコ・ジャイアンツ4勝3敗
2015カンザスシティ・ロイヤルズ4勝1敗
2016シカゴ・カブス4勝3敗
2017ヒューストン・アストロズ4勝3敗
2018ボストン・レッドソックス4勝1敗
2019ワシントン・ナショナルズ4勝3敗
2020ロサンゼルス・ドジャース4勝2敗
2021アトランタ・ブレーブス4勝2敗
2022ヒューストン・アストロズ4勝2敗

この中で1904年の「対戦拒否のため中止」が気になる方も多いのではないでしょうか。
これは両リーグの対戦をワールドシリーズと認めるとルールでは決まっていなかったため。
ナショナル・リーグを制したニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)の球団オーナーが「ナショナル・リーグ王者がマイナーリーグ王者(アメリカン・リーグを馬鹿にして)と名誉をかけて戦わなければならないなどと競技規則に書いていない」と主張して試合を拒否。
このため1905年からワールドシリーズの実施が規則で正式に定められました

【関連記事はこちら】⇩
【MLB】ホームラン記録一覧|シーズン最多・通算本塁打もご紹介!
【野球】最高球速ランキング一覧|NPB・MLB

【ワールドシリーズ】優勝回数

では過去に最も多く優勝している球団はどこなのでしょうか?
優勝回数ランキングTOP3をご紹介します。

1位:ニューヨーク・ヤンキース

1位のニューヨーク・ヤンキースはダントツの27回優勝出場回数40回も圧倒的1位です。
1920年代から70年代にかけて数多くの優勝を重ね、90年代後半から2000年にかけても再び黄金時代を築きました。
2009年の優勝時には松井秀喜選手がMVPを獲得。これが日本人唯一のワールドシリーズMVPとなっています。

2位:セントルイス・カージナルス

セントルイス・カージナルスは優勝11回、出場回数は19回
出場回数では20回のサンフランシスコ・ジャイアンツやロサンゼルス・ドジャースを下回っていますが、優勝回数では堂々の2位となっています。
連覇はありませんが各年代で優勝していて、特に1940年代には3度も優勝。
MLB屈指の名門として知られていて、観客動員数もトップクラスです。

3位 オークランド・アスレチックス

3位タイのオークランド・アスレチックスは9回優勝、出場回数は14回です。
アメリカンリーグ創設時から存在する古豪で、1910年代前半には3度優勝。
1972年からは3連覇も達成しています。
その後は長く低迷しましたが、2000年代になるとセイバーメトリクスを導入して野球界に革命を起こすことに。映画「マネーボール」でも描かれたこの改革で、プレーオフの常連となっています。

3位 ボストン・レッドソックス

同じく9回優勝で3位タイに入ったのは、ボストン・レッドソックス
出場回数は13回です。
レッドソックスといえば、バンビーノの呪い
1910年代には4度も優勝したレッドソックスが、1918年以降86年間も優勝できなかったのは、バンビーノことベーブ・ルースをトレードで放出したからだと言われました。
しかし2004年にようやくワールドシリーズを制すると、その後は2007年、2013年、2018年にも優勝しています。

1度も優勝がないチーム

現在もあるチームの中で優勝経験がないのは、6チーム
サンディエゴ・パドレス、テキサス・レンジャーズ、ミルウォーキー・ブルワーズ、コロラド・ロッキーズ、タンパベイ・レイズ、シアトル・マリナーズです。
この中でもシアトル・マリナーズは、ワールドシリーズ出場経験が1度もない唯一のチームとなっています。
一方、最も優勝に近づいたのはテキサス・レンジャーズ。2011年のワールドシリーズではシリーズ制覇まであとストライク1球というところまで迫りながら、敗れてしまいました。

まとめ

30球団の頂点であるワールドシリーズ優勝は、世界の野球選手の夢。
これまでに出場機会がなかった選手を含めると、日本人選手は16人がワールドシリーズに進出し、11人がチャンピオンリングを獲得しています。
ワールドシリーズ優勝の瞬間に活躍する日本人の姿もまたぜひ見たいものです。

【関連記事はこちら】⇩
【野球】塁間は何m?各世代のグラウンド寸法を徹底調査!
【MLB】トレードとは?NPBとの違いや特徴について解説!



  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
でかむ

でかむ

スポーツで人生楽しむ自然派ライター

筋トレとアウトドアをこよなく愛するライター。某FM局の作家時代、筋トレマスターに師事し、トレーニングブログを3年間で100本以上執筆しました。

  1. 世界卓球の大会日程・概要をご紹介!歴代チャンピオンも【2024】

  2. ブルガリアンスクワットとは?正しいやり方やスクワットとの違いも解説!

  3. 【スクワット】トレーニング法と注意点!効果を引き出すフォームは?

PAGE TOP