どこよりも熱くお届けするスポーツコンテンツ

NEW POST

スポスルマガジンの最新記事

スポーツを探求する

【日本シリーズ】歴代ホームラン本数が多いのは誰!?

プロ野球12球団の頂点が決まる日本シリーズ。
チームの勝利が最優先なのは言うまでもありませんが、個人記録、特に主砲のホームランを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。
どれほどのホームランバッターであっても、チームがリーグ優勝しなければ打つことはできない日本シリーズでのホームラン。
その本数が最も多いのは誰なのでしょうか。
今回は、日本シリーズでの歴代ホームラン本数をランキングでご紹介します。

【日本シリーズ】歴代ホームラン本数・①通算

まずは通算でのホームラン数ランキングから。
〇〇砲と呼ばれた2人が1位と2位になっています。

通算ホームラン数ランキング

こちらが日本シリーズでの通算ホームラン数ランキングです。
(球団名は最終出場時のもの)

順位選手名(所属)記録
1位王貞治(巨人)29本
2位長嶋茂雄(巨人)25本
3位秋山幸二(ダイエー)15本
清原和博(巨人)
5位柴田勲(巨人)11本
石毛宏典(西武)
7位長池徳二(阪急)9本
原辰徳(巨人)
城島健司(ダイエー)
10位黒江透修(巨人)7本
山本浩二(広島)
デストラーデ(西武)
13位豊田泰光(西鉄)6本
和田一浩(中日)
15位与那嶺要(巨人)5本
川上哲治(巨人)
関口清治(西鉄)
中西太(西鉄)
野村克也(南海)
マニエル(近鉄)
水谷実雄(広島)
衣笠祥雄(広島)
大田卓司(西武)
長嶋清幸(広島)
カブレラ(ソフトバンク)
稲葉篤紀(日本ハム)

1位と2位はON砲の王貞治氏と長嶋茂雄氏
この2人は突出した記録となっています。

王貞治

王貞治氏は現役時代、日本シリーズに9連覇を含む14回、通算77試合も出場しています。
これは出場試合数の最多記録であるため、チームが強くて日本シリーズにたくさん出場したからホームランが多いだけではないかと思われがち。
しかし実際には1試合あたりの本塁打数0.377も歴代1位なのです。
ちなみにホームラン数3位の秋山幸二氏は西武とダイエーで日本シリーズに61試合出場し、15本。1試合あたりのホームラン数は0.25となっています。
つまり日本のプロ野球史上最もよくホームランを打つ選手が最も多くの日本シリーズの試合に出たということ。突出した記録になったのも当然です。
また王貞治氏は日本シリーズの得点記録58も歴代1位四球数83も歴代1位で、これは2位の清原和博氏の31にダブルスコア以上の差をつけた圧倒的1位となっています。

長嶋茂雄

長嶋茂雄氏は王貞治氏と同時代のため、ホームランバッターの印象はあまりないかもしれません。通算本塁打数は444本で歴代15位。これはすごい数字ではありますが、868本の王貞治氏の約半分です。
にもかかわらず日本シリーズには12回68試合出場し、王氏とわずか4本差の25本のホームランを記録しています。
1試合あたりのホームラン数は0.368で王氏に肉薄
しかも長嶋氏は得点記録49でも王氏に続く2位となっています。
それだけでなく、安打数91、二塁打数14、塁打数184、打点66の4項目は歴代1位
日本シリーズMVPは最多の4度獲得となっています。一方、王貞治氏は日本シリーズMVPの獲得は0。
長嶋氏はさすが燃える男ミスタージャイアンツの面目躍如という活躍だったのです。

【関連記事はこちら】⇩
日本シリーズ歴代優勝回数ランキング【プロ野球】
【日本シリーズ】歴代MVP一覧|最多獲得者は〇〇選手!

【日本シリーズ】歴代ホームラン本数・②シーズン

通算ホームラン数はチームが強く、日本シリーズへの出場回数が多ければ伸びやすいもの。
では1回の日本シリーズで最も多くのホームランを打った選手は誰なのでしょうか。

シリーズホームラン数ランキング

1つのシリーズでのホームラン数ランキングは、なんと同数の1位が12人ということになります。
その本数は、4本
打ったのは以下の選手たちです。

1956年・関口清治(西鉄・6試合)
1958年・豊田泰光(西鉄・7試合)
1963年・王貞治(巨人・7試合)
1969年・長嶋茂雄(巨人・6試合)
1970年・長嶋茂雄(巨人・5試合)
1978年・大杉勝男(ヤクルト・7試合)
1991年・秋山幸二(西武・7試合)
1994年・清原和博(西武・6試合)
2000年・城島健司(ダイエー・6試合)
2003年・金本知憲(阪神・7試合)
2003年・城島健司(ダイエー・7試合)
2004年・和田一浩(西武・7試合)

試合数が多ければホームラン数も増えやすくなるため、ほとんどは6試合または7試合までもつれた日本シリーズで記録されています。

長嶋茂雄

ここで再び登用するのが長嶋茂雄氏。彼だけが最も少ない5試合で4本のホームランを記録しています。
しかもこの4本のホームランは、第3戦第4戦2試合で打ったもの
さらに第3戦と第4戦にまたがる3打席連続ホームランも含まれています。
第3戦の延長11回に打ったホームランは日本シリーズ史上初の通算20号。この時点では長嶋氏が王氏をリードしていたのです。

【日本シリーズ】歴代ホームラン本数・③試合

日本シリーズの試合数はやはりチーム事情に左右されるもの。
では1試合あたりのホームラン数での1位は誰なのでしょうか?
こちらは1人の選手のみが達成した記録となります。

山田哲人

日本シリーズの1試合でのホームラン数記録は、東京ヤクルトスワローズの山田哲人氏の3本です。
これは2015年第3戦で記録したもの。
この年、トリプルスリーを達成していた山田選手は、第3戦の1打席目から3打席連続の本塁打を放ち、日本シリーズ1試合での日本記録を樹立しました。
ちなみに3打席連続ホームランも、彼と前述の長嶋茂雄氏のみの記録となります。

まとめ

本人の実力だけでなくチームの強さも関わるため、運の要素もある日本シリーズでのホームラン数。
ただしその数が多い選手は、その時代の「常勝チームの主砲」だったといえます。
歴代ランキングを見ると、圧倒的な強さを誇った往年のチームの姿を思い出す方も多いのではないでしょうか。

【関連記事はこちら】⇩
日本シリーズとは!?開催地や歴史などを紹介!
【MLB】ホームラン記録一覧|シーズン最多・通算本塁打もご紹介!



  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
でかむ

でかむ

スポーツで人生楽しむ自然派ライター

筋トレとアウトドアをこよなく愛するライター。某FM局の作家時代、筋トレマスターに師事し、トレーニングブログを3年間で100本以上執筆しました。

  1. 【パリオリンピック】アーティスティックスイミングの変更点を解説

  2. 【パリオリンピック】マスコットは何?正体と歴代キャラもご紹介

  3. 【パリオリンピック】バスケットボールの組み合わせや日程を解説!

PAGE TOP