どこよりも熱くお届けするスポーツコンテンツ

NEW POST

スポスルマガジンの最新記事

スポーツを探求する

日本シリーズ歴代優勝回数ランキング【プロ野球】

プロ野球シーズンを締めくくる日本シリーズ。
ここでプロ野球の今年の日本一が決まります。
近年の日本シリーズはどのチームが優勝してもおかしくない状況。
ではこれまでに最も優勝回数が多いチーム、最も少ないチームはどこなのでしょうか。
今回は、日本シリーズの歴代優勝回数をランキングでご紹介。
特に優勝回数が多いチームの最強時代や、日本シリーズでの勝率についても解説します。

日本シリーズ歴代優勝回数ランキング

まずは早速、日本シリーズ歴代優勝回数ランキングから。
プロ野球の球団は統合や消滅、新設を繰り返してきました。
ここでは2リーグ制がスタートして日本シリーズが始まった1950年以降の優勝回数を、前身となった球団も含めて集計
リーグ別とトータルでランキングを発表します。

セ・リーグ

セ・リーグ球団の日本シリーズ優勝回数ランキングがこちら。

順位球団優勝回数
1位読売ジャイアンツ22
2位東京ヤクルトスワローズ6
3位広島東洋カープ3
4位中日ドラゴンズ2
横浜DeNAベイスターズ2
6位阪神タイガース1

読売ジャイアンツが圧倒的な1位
ライバルと言われる阪神タイガースはわずか1回で、優勝回数はジャイアンツの22分の1の最下位となっています。

パ・リーグ

パ・リーグの日本シリーズ優勝回数ランキングはこちら。

順位球団優勝回数
1位埼玉西武ライオンズ13
2位福岡ソフトバンクホークス11
3位オリックス・バファローズ5
4位千葉ロッテマリーンズ4
5位北海道日本ハムファイターズ3
6位東北楽天ゴールデンイーグルス1

王者と呼ばれた時代が長い埼玉西武ライオンズが1位で、福岡ソフトバンクホークスが僅差で続いています
6位の東北楽天ゴールデンイーグルスは優勝回数1回で最下位ですが、2005年設立であることを考えると、1度でも日本一になっているのは立派だと言えるかもしれません。

総合ランキング

セ・パ両リーグを合わせた総合ランキングは、こうなります。

順位球団優勝回数
1位読売ジャイアンツ22
2位埼玉西武ライオンズ13
3位福岡ソフトバンクホークス11
4位東京ヤクルトスワローズ6
5位オリックス・バファローズ5
6位千葉ロッテマリーンズ4
7位広島東洋カープ3
北海道日本ハムファイターズ3
9位中日ドラゴンズ2
横浜DeNAベイスターズ2
11位阪神タイガース1
東北楽天ゴールデンイーグルス1

ちなみにセ・リーグとパ・リーグそれぞれの優勝回数は、セ・リーグが36回で、パ・リーグは37回
わずか1回の差となっています。

【関連記事はこちら】⇩
【プロ野球】自力優勝消滅とは?史上最速ランキングも発表!
【プロ野球】AクラスとBクラスの違いとは?メリットもご紹介!

日本シリーズ歴代優勝チーム上位の特徴

日本シリーズではジャイアンツ、ライオンズ、ホークスの3球団が二桁の優勝回数を記録しています。
それぞれのチームが最も強かったのはどの時代なのか、その特徴と合わせてご紹介します。

読売ジャイアンツ

1950年の2リーグ分立後で最多の優勝を記録している読売ジャイアンツ。
日本シリーズを制した回数は22回で、セ・リーグのシーズン優勝38回も第1位となっています。
中でも圧倒的な強さを発揮したのは、1965年から1973年の9連覇
川上哲治監督と王貞治選手・長嶋茂雄選手のON砲で知られますが、実は森昌彦選手、柴田勲選手、高田繁選手、堀内恒夫投手、高橋一三投手といったメンバーが精密機械のように守備をする「守りのチーム」でした。
また1951年から1953年には3連覇も達成しています。
リーグでは1950年代後半にはリーグ5連覇を1回記録し、他にもリーグ3連覇を3回達成。
しかし最も近年の日本シリーズ制覇は2012年で、すでに10年以上日本一から遠ざかっています。

埼玉西武ライオンズ

西鉄クリッパース、西鉄ライオンズ、太平洋クラブライオンズ、クラウンライターライオンズ、西武ライオンズ、埼玉西武ライオンズと球団名が変わってきたライオンズ。
西鉄ライオンズ時代に3連覇、森祇晶監督の西武ライオンズ時代に3連覇を2度達成しています。
リーグ優勝は5連覇などを含む23回。パ・リーグの常勝軍団と呼ばれました。
しかし最も近い日本シリーズ制覇は2008年。2021年には42年ぶりのリーグ最下位にもなり、今後の巻き返しが期待されています。

福岡ソフトバンクホークス

福岡ソフトバンクホームズも、南海軍、近畿日本軍、グレートリング、南海ホークス、福岡ダイエーホークスと、名称が何度も変わってきた球団。
南海ホークス時代の1959年1964年に日本一となりましたが、その後は低迷していました。
しかし王監督時代の福岡ダイエーホークスは1999年2003年に優勝。さらに工藤公康監督率いる福岡ソフトバンクホークスでは2017年から2020年にかけて4連覇を達成しています。

日本シリーズの勝率

リーグ優勝が多いのに日本シリーズでは負けてしまうことが多いのは、オリックス・バファローズです。
前身の阪急、近鉄、オリックスを合わせると15回リーグ優勝し、日本一はそのうち5回。勝率は33.3%となります。
広島東洋カープもリーグ優勝9回、日本一3回で、勝率は同じく33.3%
さらに低いのは中日ドラゴンズで、リーグ優勝9回に対して日本一は2回。勝率は22.2%です。
そして最下位は阪神タイガース。リーグ優勝6回に対して日本一はわずか1回で、勝率は16.7%になってしまいます。
一方、日本シリーズでの勝率が高いのは、横浜DeNAベイスターズと東北楽天ゴールデンイーグルス
優勝回数こそ少ないものの、どちらも日本シリーズ出場の年に優勝を経験。100%の勝率を誇っています。

まとめ

巨人・西武が牽引してきた日本プロ野球界。
しかしここ数年は連覇がなくなり、群雄割拠といった状態になっています。
ここから抜け出して優勝回数を大きく伸ばすチームははたして現れるのでしょうか。

【関連記事はこちら】⇩
プロ野球選手の名言の数々をご紹介!熱く心に残る言葉に感動!
【プロ野球】平均年俸はいくら?最高~最低も併せてご紹介!



  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
HIT

HIT

スポーツなんでも見たいやりたいライター

好奇心旺盛で面白いこと大好き。アウトドアスポーツを中心に、陸上・水泳・テニス・武道など広〜く浅くなんでも挑戦してきたアクティブ派ライターです。

  1. アジア2次予選とは?日程・放送・突破条件など紹介!【サッカー】

  2. 風速8mはどのくらいの強さ?屋外スポーツに与える影響を調査!

  3. ファウルチップとは?ファウルフライとの違いやルールを解説!

PAGE TOP