どこよりも熱くお届けするスポーツコンテンツ

NEW POST

スポスルマガジンの最新記事

スポーツを探求する

【MLB】日本人選手の歴代タイトル獲得選手をご紹介!

2023年、大谷翔平選手がついに日本人初のメジャーリーグ(MLB)ホームラン王となりました。
「パワーに劣る日本人には決して取れない」とも言われたホームラン王獲得はまさに快挙。
しかし以前は「日本人にMLBでの活躍は不可能」と言われた時代もあった中、何人もの日本人選手がMLBで数々のタイトルを獲得してきたのです。
そこで今回は、日本人選手がMLBで受賞したタイトルを調査。
海を渡った選手たちの偉業をご紹介します。

【MLB】日本人選手の歴代タイトル|投手編

まずは日本人投手が獲得した賞から。
日本人投手の活躍は、1995年の野茂英雄投手から始まりました。

最多勝

日本人で最多勝のタイトルを獲得しているのは、ダルビッシュ有投手(カブス)。
コロナ禍で60試合に削減された2020年シーズンに8勝3敗の成績で見事最多勝のタイトルに輝いています。

最多奪三振

最多奪三振のタイトルを獲得しているのは延べ3人です。
まず1995年野茂英雄投手(ドジャース)がメジャーデビュー後いきなり236奪三振で獲得。
6年後の2001年にも野茂英雄投手(レッドソックス)が220奪三振でタイトルを再び奪取しました。
そして2013年にはダルビッシュ有投手(レンジャーズ)が277奪三振で奪三振王になっています。

最多ホールド

ホールドは一定条件を満たした救援投手に与えられる記録。
2004年に大塚晶則投手(パドレス)が34ホールド最多ホールド賞を獲得しています。

【MLB】日本人選手の歴代タイトル|野手編

続いては野手の記録。
この分野でセンセーションを巻き起こしたのは、なんといってもイチロー選手でした。

首位打者

首位打者のタイトルを取っているのはイチロー選手(マリナーズ)のみ。アジア選手としても唯一です。
その成績は、2001年打率.3502004年打率.372という見事なもの。
特に2004年には年間262安打MLB歴代最高記録も達成しています。

盗塁王

盗塁王に輝いたことがあるのもイチロー選手のみ。
2001年56盗塁で獲得しています。

シルバースラッガー賞

シルバースラッガー賞は各リーグからそのシーズンで最も打撃に優れていた選手が各ポジション1人ずつ選ばれる賞。
イチロー選手は外野手部門で2001年2007年2009年に受賞しています。
そして大谷翔平選手も指名打者部門で2021年に受賞しました。

【関連記事はこちら】⇩
【MLB】ホームランダービー優勝者一覧|名シーンもご紹介!
【MLB】ホームラン記録一覧|シーズン最多・通算本塁打もご紹介!

【MLB】日本人選手の歴代タイトル|MVP編

実は日本人選手の多くが獲得しているのが、各種のMVPです。

ワールドシリーズMVP

実力と運がなければ手に入らないワールドシリーズのMVP
2009年松井秀喜選手(ヤンキース)が、13打数8安打3本塁打8打点という大活躍で見事獲得しています。

リーグチャンピオンシップシリーズMVP

リーグチャンピオンシップシリーズMVPも、チーム状態によってはチャンスすらないタイトル。逆に活躍すべき場面で最大の貢献をした証でもあります。
2013年上原浩治投手(レッドソックス)が1勝0敗3S・9奪三振・無四球無失点という成績で獲得しています。

シーズンMVP

シーズンMVPは選手にとって最大の名誉の一つ。
こちらは2人の日本人選手が獲得しています。
2001年イチロー選手(マリナーズ)がメジャー1年目で打率.3508本塁打69打点の活躍で獲得。
2021年には大谷翔平選手(エンゼルス)が、投手として9勝2敗防御率3.18、打者として打率.25746本塁打100打点の成績で見事に受賞しています。

オールスターMVP

オールスターMVPを獲得したことがあるのはイチロー選手のみ。
2007年3打数3安打1本塁打2打点の大活躍で選ばれています。

月間MVP

月間MVPは、MLBではピッチャー・オブ・ザ・マンスプレイヤー・オブ・ザ・マンスと呼ばれるもの。
それぞれ以下の選手が選ばれています。

ピッチャー・オブ・ザ・マンス
野茂英雄投手(ドジャース:1995年6月・1996年9月・
伊良部秀輝投手(ヤンキース:1998年5月・1999年7月)
田中将大投手(ヤンキース:2014年5月)
ダルビッシュ有投手(カブス:2020年8月)

プレイヤー・オブ・ザ・マンス
イチロー選手(マリナーズ:2004年8月)
松井秀喜選手(ヤンキース:2007年7月)
大谷翔平選手(エンゼルス:2021年6月7月・2023年6月)

週間MVP

週間MVPはその週に最も活躍した選手が選ばれるタイトル。
これまでに以下の日本人選手が選ばれています。

野茂英雄投手(ドジャース)
佐々木主浩投手(マリナーズ)
イチロー選手(マリナーズ・ヤンキース・マーリンズ)
松井秀喜選手(ヤンキース・アスレチックス)
松坂大輔投手(レッドソックス)
岩隈久志投手(マリナーズ)
大谷翔平選手(エンゼルス)

【MLB】日本人選手の歴代タイトル|その他の賞編

MLBには他にもたくさんの賞があり、日本人選手も受賞しています。

ゴールドグラブ賞

ゴールドグラブ賞は、各リーグから守備に卓越した選手が各ポジション1人ずつ選ばれる賞。
日本人ではイチロー選手2001年から2010年まで10年連続で選出され、この10回はアメリカンリーグ外野手部門の最多受賞記録となっています。

エドガー・マルティネス賞

エドガー・マルティネス賞は年間に最も活躍した指名打者に贈られる賞。
大谷翔平選手2021年2022年に連続受賞しています。

プレイヤーズ・チョイス・アワーズ

プレイヤーズ・チョイス・アワーズはMLB選手たちによる投票で選ばれる賞。
大谷翔平選手2021年年間最優秀選手に選ばれました。
またイチロー選手2001年優秀新人2004年優秀選手に選ばれています。

最優秀新人選手賞

最優秀新人選手賞は、シーズンで最も活躍した新人選手に贈られる賞。
日本人選手では4人が受賞しています。

野茂英雄投手(1995年)
佐々木主浩投手(2000年)
イチロー選手(2001年)
大谷翔平選手(2018年)

コミッショナー特別表彰

コミッショナー特別表彰歴史的偉業功績を残した個人やグループに贈られる賞。定期的なものではなくコミッショナーの自己判断で贈られます。
現在まで選手に贈られたのは12回。
そのうち2人が日本人で、MLB歴代最多のシーズン262安打を放ったイチロー選手(2005年)と投打の二刀流で活躍した大谷翔平選手(2021年)に贈られています。

まとめ

他にも日本人選手は「ルーキー・オブ・ザ・マンス」や「オールMLBチーム」、「球団MVP」、「月間最優秀救援」などを受賞。各賞の受賞数が特に多いのはイチロー選手と大谷翔平選手ですが、他にもさまざまな選手が活躍してきたことが分かります。
不可能と言われたホームラン王も獲得した今、日本人選手が狙えない賞は何もないはず。
今後の日本人選手の活躍にも期待が高まります。

【関連記事はこちら】⇩
【プレミアリーグ】日本人選手一覧|過去~現在まで一挙ご紹介!
【メジャーリーグ】活躍した歴代日本人選手は?成績や経緯もご紹介!



  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
でかむ

でかむ

スポーツで人生楽しむ自然派ライター

筋トレとアウトドアをこよなく愛するライター。某FM局の作家時代、筋トレマスターに師事し、トレーニングブログを3年間で100本以上執筆しました。

  1. 【背中】筋肉の名前を紹介!それぞれどこについている?鍛え方も紹介!

  2. 【足の筋肉】名前を詳しくご紹介!40以上の筋肉がある!?

  3. ブルガリアンスクワットとは?正しいやり方やスクワットとの違いも解説!

PAGE TOP