どこよりも熱くお届けするスポーツコンテンツ

NEW POST

スポスルマガジンの最新記事

TAG LIST

オススメタグ一覧

スポーツを探求する

アディショナルタイム(ロスタイム)とは?呼び方の違いもご紹介!

サッカーの試合で前半、後半のそれぞれ最後の方で表示されるのがアディショナルタイム。

それを見てアナウンサーも「アディショナルタイムは2分です」などと言います。

でも、その時間はどうやって決まっているの?

3分と言ったのに3分よりちょっと長いのはなぜ?

ロスタイムとは何が違うの?

と、疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、サッカーのアディショナルタイムについて解説します。

アディショナルタイムの意味は

アディショナルタイム(ロスタイム)とは?呼び方の違いもご紹介!①

アディショナルタイム(Additional Time)とは、サッカーの試合が中断された分を延長する時間のこと。

「Additional」には「追加の」という意味があります。

サッカーは前半45分、後半45分の合計90分間で行われるスポーツ。

ハーフタイムを除いて基本的には時計が止まることはありません。

この試合時間の計測方法は、ランニングタイムと呼ばれるもの。

一方、バスケットボールやラグビー、フットサルなどはプレーが続いている間だけ時間を計測するプレーイングタイムです。

しかし時計が止まらないサッカーでも実際にはプレーがストップしていることはあります。

ロスした時間を補てんするため、前後半の45分間が終わった後に追加されるのがアディショナルタイム

競技以外にロスした時間を足すことで、不公平をなくしています。

アディショナルタイムの測り方

試合中にアディショナルタイムを測るのは主審です。

主審は腕時計を2つ使用。

1つは45分間止めず、もう1つはプレーが中断したときに止めます。

主審はその差を見てアディショナルタイムを判断。

前半・後半それぞれの終了2分ほど前になると第4の審判に伝え、第4の審判が掲示板で表示します。

アディショナルタイム表示の裏話

アディショナルタイムを掲示板で表示するようになったのは、1998年のワールドカップ・フランス大会からです。

その前のアメリカ大会までアディショナルタイムは主審だけが把握していました。

ところが残り時間が明確なバスケットボールに慣れたアメリカの観客から「あと何分あるのか分かりにくい」と不満が続出。

さらに1998年ワールドカップのアジア予選・日本対アラブ首長国連邦の重要な試合でアディショナルタイムが極端に短く、問題になったため、掲示板で表示するようになったのです。

正確なアディショナルタイム

アディショナルタイムとして表示されるのは、最小限の時間

アディショナルタイムが2分と表示されたら、実際の追加時間は2分00秒から2分59秒となります。

アディショナルタイム中の中断

アディショナルタイム中に中断があった場合、さらにその中断分の時間が主審の判断で追加されます。

ただしそれによってアディショナルタイムの実際のプレー時間が発表より長くなってしまうことはありません。

例えば3分間のアディショナルタイムの1分のところでケガ人が出て4分間の中断があった場合。

再開後に4分間を足すのは間違いで、残りは約2分間となります。

これを勘違いすると主審は資格停止などの処分を受けることもあるのです。

アディショナルタイム追加の対象

アディショナルタイム(ロスタイム)とは?呼び方の違いもご紹介!②

では実際にどのようなことでプレーが止まるとアディショナルタイムが追加されるのでしょうか。

競技規則では以下の7つの項目をその対象としています。

①:競技者の交代

②:負傷した競技者の負傷の程度の判断や、フィールドからの退出

③:時間の浪費

④:懲戒の罰則

⑤:競技会規定で認められる医療上の理由による停止

⑥:VARのチェックやレビュー

⑦:プレーの再開を著しく遅らせる行為

⑤は暑い日に設定される「飲水タイム」や「クーリングブレイク」など。

⑦には得点に喜んでダンスを踊るなどの行為が含まれます。

勘違いをしている人が多いのは①で、交代のときに「時間稼ぎのための交代」と言われたり、わざとゆっくり歩いて時間を稼ぐ選手がいたりしますが、これはアディショナルタイムに追加されるため全く無意味です。

③の時間の浪費は、乱入者が入ったときなど、特殊な事情の場合がほとんど。

パス回しをして時間を稼ぐなどのプレーはこれには含まれません。

アディショナルタイムにならない場面

アディショナルタイム(ロスタイム)とは?呼び方の違いもご紹介!③

試合が止まればどのような場合でもアディショナルタイムに加算されるわけではありません。

アディショナルタイムが追加されない場面もあるのです。

スローインなど

ボールがピッチの外に出たあとのスローインゴールキックコーナーキックを行う前までの時間は追加されません。

そのため、ボールがピッチの外に出たらなるべく早く試合を再開する必要があり、あまり遅れると遅延行為になります。

自然現象による中断

豪雨落雷強風などの自然現象で長時間試合が中断するときはアディショナルタイムではなく、試合を止めるという形になります。

つまりこの場合、時間を進めておいてアディショナルタイムをプラスするのではなく、時間を止めたところから再開される形になるのです。

アディショナルタイムとロスタイムの違いは?

昔はよく使っていたロスタイムという言葉。

アディショナルタイムとは違うのでしょうか。

結論を言えばこの2つは全く同じです。

実はロスタイムは和製英語で、日本だけで通じる言葉。

しかし国際的な表現でないことや、ロスタイムの「失われた時間」という言葉にネガティブな響きがあることから、2000年代に入ると使う人が減り始め、2010年には公式に「アディショナルタイム」という言葉に統一されました。

まとめ

今も語り継がれる「ドーハの悲劇」がそうだったように、アディショナルタイムには何度も大きなドラマが起こっています。

サッカー独自のルールであるアディショナルタイム。

選手たちが最後の力を振り絞るその時間は、サッカーの醍醐味が凝縮された数分間だといえるかもしれません。

【関連記事はこちら】⇩
【サッカー】オフサイドとは?パスを受ける選手がポイント!
【サッカー】基本ルールを学ぼう!初心者が覚えるべきポイントとは?



  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
HIT

HIT

スポーツなんでも見たいやりたいライター

好奇心旺盛で面白いこと大好き。アウトドアスポーツを中心に、陸上・水泳・テニス・武道など広〜く浅くなんでも挑戦してきたアクティブ派ライターです。

  1. 【ゴルフ】オリンピックとは?ルールや楽しみ方について解説!

  2. 【ハンドボール】キーパーの役割とは?適性や位置取りのポイントも

  3. 【ハンドボール】歴史(起源~現在)を調査!発祥の国もチェック!

PAGE TOP

クチコミサイト「スポスル」でスポーツチーム、スクール、教室、習い事を探そう!

クチコミサイト「スポスル」へ