どこよりも熱くお届けするスポーツコンテンツ

NEW POST

スポスルマガジンの最新記事

スポーツを探求する

【野球】タイムリーとは?意味や具体例についてご紹介!

タイムリーは野球を見ていればよく出てくる用語。
観戦しながら「見事なタイムリーヒットだな」などと言ってみたい言葉です。
でも使い方を間違えたらちょっと恥ずかしいかも。
今回は野球用語の「タイムリー」をご紹介。
タイムリーという言葉の意味や、実はたくさんあるタイムリーの種類、タイムリーとは言わない場面などを具体的にご紹介します。

【野球】タイムリーヒットの意味

【野球】タイムリーとは?意味や具体例についてご紹介!①

タイムリーの意味

タイムリー(timely)は直訳すると「時勢、時期に合っている」という意味です。

野球でのタイムリーの意味

では野球でタイムリーというとどういう意味になるのでしょうか。
直訳すれば「タイムリーヒット」は、まさにちょうどいいときに打ったヒットということ。
ただし「ノーヒットで雰囲気が悪くなりそうだったときにヒットが出た。まさにタイムリーヒットだね」というのは間違いです。
正確にはタイムリーヒットは、塁上のランナーを生還させる安打のこと。
ランナーがいる得点の機会に時勢に合ったヒットを打ったということです。
適時打とも表現され、打った選手には打点がつきます。
つまりタイムリーヒットは、ランナーがいる場面で、ヒットによって得点が入ったときにだけ使える言葉なのです。

英語でのタイムリーヒット

「タイムリーヒット」は和製英語。
正しい英語では「clutch hit」または「RBI hit」と呼ばれます。
clutch(クラッチ)は「ここぞという場面」や「しっかり掴む」という意味。
アメリカではチャンスに強いバッターのことをクラッチヒッターと言います。
RBIは(Run Batted In)の略。
Runは得点、Battedは打つ、Inはホームに入るという意味で、合わせて打点です。
つまり「RBI hit」は、打点が入ったヒットという意味になります。

【野球】タイムリーの種類

【野球】タイムリーとは?意味や具体例についてご紹介!②
一口にタイムリーヒットと言っても、得点数とヒットの種類の組み合わせで、9つもの種類があります。
その呼び方は、得点数+タイムリー+ヒットの種類
さらにヒットではないタイムリーもあります。
使い方を間違えないよう、具体的に解説しましょう。

【関連記事はこちら】⇩
【ヒットエンドランとは】使い方を覚えて失敗を防ごう!
【ポテンヒット】意味や使い方についてご紹介!

タイムリーヒット

シングルヒットでランナー1人がホームインした場合、単純にタイムリーヒットと言います。
具体的には以下のようなパターンがあります。

①ランナー1塁でシングルヒットを打ち、1塁ランナーがホームインした。
②ランナー2塁でシングルヒットを打ち、2塁ランナーがホームインした。
③ランナー3塁でシングルヒットを打ち、3塁ランナーがホームインした。
④ランナー1、2塁でシングルヒットを打ち、2塁ランナーがホームインした。
⑤ランナー1、3塁でシングルヒットを打ち、3塁ランナーがホームインした。
⑥ランナー2、3塁でシングルヒットを打ち、3塁ランナーがホームインした。
⑦満塁でシングルヒットを打ち、3塁ランナーがホームインした。

7つのパターンがありますがそれは無関係。シングルヒットでランナー1人がホームインした場合、全て名前はタイムリーヒットで、ヒットの種類と得点数だけで名前が決まります。これは以下の場合でも同じです。

2点タイムリーヒット

ランナーが2人または3人いて、シングルヒットで2点入った場合は、2点タイムリーヒットです。
バッターには打点2がつきます。

3点タイムリーヒット

ランナー3人がホームインするのは満塁の場合のみ。
シングルヒットで満塁のランナー3人がホームインすることはあまりありませんが、このパターンは3点タイムリーヒットと言います。
また満塁での3点タイムリーには「走者一掃」という言葉もよく使われます。

タイムリーツーベースヒット

ランナーがいる場面でツーベースヒットを打つと、多くの場合、ランナーはホームインすることができます。
ツーベースヒットで1点入ったときの呼び方はタイムリーツーベースヒットです。

2点タイムリーツーベースヒット

ツーベースヒットで2点入ったら、2点タイムリーツーベースヒットです。
バッターには打点が2つきます。

3点タイムリーツーベースヒット

満塁でのツーベースヒットで、走者一掃となった場合、3点タイムリーツーベースヒットとなります。
バッターには打点が3つきます。

タイムリースリーベースヒット

スリーベースヒットの場合、塁上にいたランナーは全員がホームインすることになります。
3塁打でランナー1人がホームインすると、タイムリースリーベースヒットです。

2点タイムリースリーベースヒット

3塁打でランナー2人がホームインした場合は、2点タイムリースリーベースヒットとなります。

3点タイムリースリーベースヒット

満塁の場面で3塁打が出れば当然3人のランナーが生還するので、3点タイムリースリーベースヒットとなります。
ただしこの場合は3点入ったことが明らかなので、「満塁の場面で走者一掃のタイムリースリーベースヒット」などと言うこともあります。

タイムリーエラー

ヒットでのタイムリーの呼び名は上の9パターンで全てですが、実はタイムリーにはもう一つ、相手のエラーによる得点というパターンもあります。
これはタイムリーエラー。タイムリーエラーには打点はつきません。
失点によって2点タイムリーエラーなどと言うことも。
メジャーリーグでは満塁の場面でエラーが重なりバッターまで生還する4点タイムリーエラーも実際に起こっています。

【野球】タイムリーとは呼ばない場面

たとえ得点が入っても、タイムリーとは呼べない場面もあります。
それはバッターがアウトになったとき。
具体的には以下のような場面があります。

犠牲フライ

バッターが打ち、点が入ったのにタイムリーと呼ばない場面の筆頭は、犠牲フライです。
犠牲フライはバッターがアウトとなるため、タイムリーとはならないのです。
犠牲フライのつもりだったのに守備側がエラーをしてバッターもセーフになった場合は、タイムリーエラーとなります。

【関連記事はこちら】⇩
【野球】犠牲フライとは?条件やルールについて解説!

スクイズ

同じようにスクイズも、バッターがアウトになればタイムリーとは呼ばない場面になります。
ただしスクイズでバッターが1塁セーフになり、それがエラーではなかったら、タイムリーヒット(タームリー内野安打)。
またバッターが1塁を駆け抜け、暴走して2塁でアウトになったような場面でも、記録上はシングルヒット+走塁死となり、ランナーがホームインしていればタイムリーヒットになります。
また守備側のエラーでバッターがセーフになったら、こちらもタイムリーエラーです。

【関連記事はこちら】⇩
【スクイズとは】バントとの違いや種類について!8つのコツもご紹介

まとめ

9種類もあるタイムリーヒットは、「得点数+タイムリー+ヒットの種類」と覚えておけば簡単。
ランナーが何塁にいたかは気にしなくても大丈夫です。
タイムリーヒットは野球が盛り上がる場面。
言葉の意味を理解して、試合をより深くお楽しみください。

【関連記事はこちら】⇩
【ツーランスクイズ】意味や成功しやすい場面について調査!
【スリーバント】意味や定義について!どんな状況で発生するの?



  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
HIT

HIT

スポーツなんでも見たいやりたいライター

好奇心旺盛で面白いこと大好き。アウトドアスポーツを中心に、陸上・水泳・テニス・武道など広〜く浅くなんでも挑戦してきたアクティブ派ライターです。

  1. アクアフィットネスで健康に!効果とメリット|初心者向けガイド

  2. SUP初心者必見!海での楽しみ方と安全対策ガイド

  3. SUP初心者必見!快適に楽しむための服装選びと注意点

PAGE TOP